翡翠に夢中 令和2年 葉月 07

今日も暑くなりそうなので、早めにフィールドへ向かう。すでに5台の三脚が並んでいた。セットしてしばらくするとメスのカワセミが姿を見せるが、動きは少ない。右側の池はアオコが一面に繁茂してるので、そこには飛び込まないと思っていたら、2回飛び込んで、飛び去ってしまった。1時間半ぐらい経過した頃、申し合わせたわけではないが、居合わせた殆どが、撤収の準備に取りかかったので、一緒にフィールドを後にした。

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 葉月 06

老犬に早く起こされた為、いつもより早くフィールドに着く。すでに4台の三脚が並んでいる。陽射しもあり、暑いので準備を急ぐ。しばらくするとメスが姿をみせると、すかさず2番子がメスのそばに来て、羽をバタバタさせる。ヒナに何もしないで、メスが飛び去ると2番子も姿をけす。その後はメスが飛び込むのを一度見ただけで、姿を消す。1時間半ぐらいは粘ろうかと思ったが、暑さが厳しいのでそこまで待たずに撤収することにし…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 葉月 05

いつもよりちょっと早くフィールドに着くとすでに12〜3台の三脚が並んでいた。どうにか三脚を立てることができたが、なかなかカワセミは姿を見せない。そのうちメンバーのAKさんが引き上げるというので、そこに入れさせてもらう。珍しくメスが姿を見せたが、一度飛び込んでゲットしただけである。一番子も姿を見せたが、何もしないで消え去る。いつもなら5〜600枚はすシャッターを押すが、今日は60枚で、これといった…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 葉月 04

今日も暑くなりそうだが、取り敢えずいつもの時間にフィールドへ行ってみる。4台の三脚が並ぶのみで、コロナの心配はないが、暑さの為、1時間ちょっとで退散した。カワセミは1番子?が頻繁に近くに来てくれ、また、2羽での追いかけっこもあったが、1番子が追いかけているのか、追いかけられているのかは分からなかった。

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 葉月 03

梅雨も明け。暑くなりそうな中、いつもよりちょっと早くフィールドへ着く。すでに10台ぐらいの三脚が並んでいるが、いつもの場所が空いていたので、そこに三脚を立てる。カワセミは一番子が彼方此方に動き回ってくれるので、1000枚以上シャッターを押した。ただし、飛び出し、飛び込みの相も変わらずいつもの写真ばかりである。1時間も経過するとマスクをしているためか暑さが余計に感じるので、コロナと熱中症を避けるた…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 葉月 02

いつものフィールドは日曜日だから混雑が予想されるので、いつもの時間にSATOに行くことにした。かっては三脚が林立していたが、今は昔、誰もいない。また、フィールドも雑草が生い茂り、木の枝の剪定もなく伸び放題で、ワイルドである。自然はほったらかしにしておけば良いかもしれないが、自然を維持するにはやはり人の手が必要だろう。コロナの感染症予防のマスクも必要なく、また、熱中症の心配もない1時間半であったが…

続きを読む

翡翠に夢中 葉月 01

梅雨明けになるだろう久しぶりの陽射しを浴びて、フィールドへ向かう。ザックを背負う背中に汗をかきながら、ペダルを踏んでフィールドに着くと新たに三脚を立てる場所がない。仕方なく、他のフィールドへでも様子見に行こうかと思っていたら、会長さんがいる場所を開けてくれるという。渡りに船を得るごとくそこに入れさせて貰った。感謝、感謝である。カワセミは2羽の雛が奥にいて、そばには来ないが、1羽は近くにきてくれて…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月31

小雨が降っているが、いつもの時間にフィールドへ向かう。いつもならやめるが、昨日発売になったカメラをメンバーのMさんが購入すると聞いていたので、自分だったらこのくらいの雨では試しに持って行くはずだから、彼も持ってくるだろうと踏んだからである。案の定、5台が並ぶ三脚の中に彼が居た。早速、ファインダーを覗かせてもらったら、何点かのフォーカスフレームの一つが、姿を見せたカワセミをピタッと捉えて居た。その…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月30

厚い雲に覆われているが、雨はなさそうなのでいつもよりちょっと早くフィールドへ向かう。数台の三脚が並ぶのみで、意外に少なかった。都内のコロナ感染者数も367名と日々過去最多を更新しており、コロナウィルスを絶対に我がフィールドに持ち込んではならないと思う。三脚が多くなるとソーシャルディスタンスの確保も難しくなるが、不必要な会話を控え、すこしでも予防をしたいものだ。ボランティアで植樹した百日紅が花を咲…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月 29

雲が厚く、雨は降りそうでもないが、陽射しもなくカワセミ撮りはSSも稼げず、また、密の状態を避けるためにもフィールド行きはやめた。家内が洗濯物を干していると、ツバメが4羽飛んでいると宣うので、外を見ると電線に2羽が止まっている。防湿庫からカメラを取り出し、2羽の飛び出しを撮るとそのまま隣の家のヒナを見にゆく。巣から零れ落ちそうな4羽が元気に育っていた。なお、全て手持ち撮影であるが、ヒナの写真は、レ…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月 28

雨の日が続くが、今日は降りそうでもないので、いつもの時間にフィールドへ向かう。2番子が出ているとのことで、相当の混雑を予想していたが、数台の三脚が立っているだけであった。どこへ入ろうか思案していたら、メンバーのTさんが場所を詰めてくれたので、いつもの場所に三脚を立てることが出来た。すぐに1羽の若が近くによってきたが当然だが、何もしない。親がフィールドに入ってくるとそれについて動き回るだけである。…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月 26

朝から雨は降ったり止んだりの繰り返しなので、自宅待機とした。隣のマンションの駐車場でツバメが子育てに励んでいる。マンションのオーナーも巣の下の駐車場を空けてくれている。我が家の愛犬が散歩でその下に入ろうものならピーピーと親が警戒をするそうだ。時間を持て余していたので、雨が止んだ隙に久しぶりにツバメの巣を見に行った。昔は我が家にも巣食っていたが、何十年ぶりかでこれ以上開けない口を開けている雛を見た…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月24

連休の昨日は雨であったが、二日目の今日は雨は降りそうでもないので、いつもより早くフィールドへ向かう。既に12〜3台の三脚が林立していていつもの場所には入れない。すると、馴染みのメンバーのMさんが移動するからといつもの場所に入れてくれた。カワセミは雌雄で姿を見せるが、殆どが水浴びばかりである。彼のお陰でそこそこシャッターを押すことが出来たので、見知らぬ顔も増え、コロナの感染リスクを避けるため、早々…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月 21

陽射しはないが、雨は降りそうでもないので、いつもより早くフィールドに向かう。既に10台ぐらいの三脚が並んでいたが、いつもの場所に三脚を立てることができた。カワセミの出は良くないとのことであったが、メスがすぐに姿を見せてくれた。何回か水浴びをして姿を消すと若が姿を見せる。いつもならばオスに追い回されるが、珍しく今日は若がオスの後をついて行く。餌が欲しいようだがオスは特に面倒は見ない。そうこうしてい…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月19

陽射しがないので暗いが、とりあえずいつもの時間にフィールドへ向かう。途中、シールドに雨粒が当たるが、通り雨のようだ。日曜日でもこんな天気だから人は少ないだろうと思っていたら、14台もの三脚が並んでいたのには驚いた。カワセミは姿を見せてもいつも通りの水浴びとフィールドの移動のみで面白味がない。コロナ感染者の数も相変わらず増え続け、マスクをしていても知らない顔が多く、蜜状態なので早々に退散した。

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月16

日差しはないが、雨は降りそうでもないので、いつもよりちょっと早くフィールドへ向かう。風も弱く自転車にしたので、いつもの時間にフィールドに着くと既に8台の三脚が並んでいた。1時間半ぐらい経過すると先着のメンバーさんが撤収するので、その場所に入れてもらう。カワセミはフィールドへ戻ってくると水浴びをするので、食傷気味であるが、これを撮ることが主になってしまう。オオヨシキリがフィールドに入ってきていたの…

続きを読む

翡翠に夢中 令和2年 文月13

曇り予報であるが、小雨が降っているが、メンバーさんと会う約束があったので、いつもの時間にフィールドへ向かう。こんな天気だから誰もいないのではと思いきや、5台もの三脚が並んでいた。セットしている時にカワセミのメスが姿を見せ水浴びをする。オスもすぐに現れて2羽が並ぶがメスが飛び去る。そうこうしているうちにお目当てのメンバーさんが現れ、用が済んだので撤収することにした。

続きを読む