翡翠に夢中 令和元年文月13

日差しが恋しくなるが、今日も太陽は顔を出してはくれない。今日はいつものフィールドをやめて、先日メンバーさんに情報を聞いたSATOへ向かう。いつもより30分以上早くフィールドに着いたが、橋の上には既に10台以上の三脚が並んでいるので、橋の上は避ける。すぐにメスのカワセミが姿を見せるが、このメスはまだ成鳥にはなっていない様だ。2〜3回飛び込んで姿を消すと小一時間して再び姿を見せる。メスが姿を消すとオ…

続きを読む

翡翠に夢中 令和元年文月10

日照時間が少ないとニュースでやっていたが、今日も日差しがない。 いつもより早くフィールドに着くと8台の三脚が並んでいて、早朝から熱心な人の多さに驚いた。 準備に取り掛かろうとするとオスがエビを咥えて姿をみせたので手持ちでシャッターを押すと飛び去ってしまう。 その後、30分ぐらいすると再びオスが姿をみせて、数回飛び込んで水浴びをする。 待機中、撮れたのはこの時だけであり、いつもと代わり映え…

続きを読む

翡翠に夢中 令和元年文月08

日差しは無く、気温も低いが、雨は降りそうでもないので、いつもの時間にフィールドへ向かう。 北からの向かい風がちょっと強く、久し振りのペダルが重い。 フィールドには4台の三脚が並んでいるが手持ち無沙汰の様だ。 1時間ぐらい待つとオスが姿を見せるが、何回か水浴びをしていなくなる。 30分ぐらい経つとメスも姿を見せるがどうってゆうこともなくいなくなる。 ここへ来て、2時間ぐらいになるので、帰…

続きを読む

翡翠に夢中 令和元年文月03

曇り予想で雨は降りそうでもないので、いつもより早めにフィールドへ向かう。 既にお馴染みの4台の三脚が並んでいた。 準備に取り掛かるとオスのカワセミが姿をみせ、水浴びを何度かして、魚をとると持ち運びをする。 間も無くメスも姿をみせ、念入りに水浴びをするので、1時間半ぐらいの間に退屈することなく、それなりにシャッターを押すことができた。 一段落すると先着の4名のメンバーさんが撤収したら入れ替…

続きを読む

翡翠に夢中 令和元年文月02

このところの雨でフィールドはご無沙汰していたが、身体もウデも鈍る(?)のと、バイクも動かしたいので、午後2時ごろにフィールドへ向かう。 少ないと思っていたが4〜5台の三脚が並んでいたのが、予想外であった。 ほとんどが顔なじみで、向こうも顔を合わせる時間帯が違うので、驚いたようだった。 20分もしないうちにオスが姿を見せ、水浴びを何回かして、魚を捕り、持ち帰った。 2番子が誕生したようだ。…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月27

曇ってはいるが雨は降りそうでもないので、いつもより早めにフィールドへ向かう。 フィールドには会長さん他1名の三脚が並んでいる。 思いの外少ないので驚いたが、昨日は全くカワセミの出は良くなかったようだ。 今日も1時間ぐらい経つがまだカワセミは姿を見せないとのことである。 しかし、30分ぐらい待つとメスが姿を見せ、30分ぐらい飛び込んでくれた。 姿を消すとすぐに若が姿を見せて10分ぐらいフ…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月25

朝食を済ませ、そろそろ出掛けようかと思っているところに会長さんからカルガモのヒナが7羽孵ったとのメールが入る。 急いでフィールドに向かうと、カルガモはフィールドから隣の池に既に移動していたが、親が見張っていて、その愛くるしさに変わりはなかった。 20分位シャッターを押してフィールドに行くと数台の三脚が並んでいた。 セットして間も無く若が姿を見せ、何度か飛び込んだりしてくれたがいつの間にかそ…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月21

いつもより早くフィールドに着く。 既にお馴染みの7~8台の三脚が並んでいる。 勝手知ったるお馴染みさんに場所を詰めてもらい、いつもの場所に入らせてもらう。 30分ぐらい待つと、メスが姿を見せるが、何もしないで飛び去ってしまう。 さらに30分待つと今度はオスが姿を見せて、水浴びを何度かしてくれるので、シャッターだけは押すことができた。 オスがいなくなると1番子らしき若が姿を見せて、いっぱ…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月20

時々は日が差し、気温も高めになるとのことであるので、いつもより早くフィールドへ向かう。 フィールドには7~8台の三脚が並んでいて、カワセミのメスが既に姿を見せていた。 早速準備にかかると左の池から右の池へ移動して、何度か飛び込んでくれた。 2~30分はフィールドにいたが、出て行ってしまう。 入れ替わりにオスが30分後に姿を見せると、何回も近くの止まり木で水浴びをする。 念入りに羽繕いを…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月18

いつもよりちょっと早くフィールドに着く。 既に7~8台の三脚が並んでいたが、カワセミもオスが姿を見せていた。 いつもの場所が空いていたので、そこに三脚を立ててカワセミをファインダーで覗くと枝移りをしていなくなる。 その後時間ばかりが経過して手持ち無沙汰でいるとチョウゲンボウの情報が入り、渡りに船とばかりにメンバーのAさんと向かう。 そこには久しぶりに顔を合わすIKさんがいたので、合流する…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月17

今日はストロベリームーンだそうだ。 その由来は、アメリカの先住民が各月の満月に名前をつける中で、いちごの収穫時期に当たる6月の満月をストロベリームーンと呼んだからだそうだ。 6月は湿度があるので、少し赤く見えるそうだが、レンズを通してみるとちっとも赤くはなかった。 そこで、2枚目は名前にちなんで、少しだけ赤みをつけてみた。

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月13

いつもより早くフィールドへ向かう。 と言うのも、クラブの写真展の見回り当番なので、カワセミを撮ってから会場に行こうと思ったからである。 早朝にもかかわらず、既に10台近い三脚が並んでいるのには驚いたが、カワセミの出の悪さにも参ってしまう。 1時間半ぐらいの滞在ではカワセミとの遭遇は1回だけであったが、カメラ等一式をメンバーさんにお願いして、写真展の会場へ向かう。 開場して間も無く会長さん…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月12

いつもよりちょっと早く家を出る。 雨は降りそうでもなく、風もそれほど強くないので、いつものフィールドを素通りして足を伸ばし、チョウゲンボウを撮りに行く。 チョウゲンボウはペアーでいたが、遠征をしないで2時間ぐらい近場を行ったり来たりしていた。 その後2羽で飛び去り、狩にでも行ったのかしばらく姿が見えなくなった頃合いを見計らって、撤収した。

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月11

雨は降りそうでもないので、いつもより早くフィールドへ向かうが、向かい風がいつもより強い。 フィールドでは、既に4台の三脚が並んでいるが、天候も天候なので意外に少ない。 カワセミはオスがどこかで魚を獲って来て、ここを中継点にして持ち帰っている。 2番子がいるのか抱卵しているメスに給餌をするのかは不明であるが、待機中、3回ぐらいこれを繰り返した。 しかし、ここで餌を獲ることはなかった。 す…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月07

今日から梅雨入りをしたようだとの発表があり、曇っているので一応の対策をして、チョウゲンボウを撮りに行く。 誰もいないと思っていたのに、既にお馴染みのSGさんがスタンバイをしていたのには驚いた。 場所が離れているので、携帯で話をして、情報を聞くことが出来た。 チョウゲンボウは狩に出かけていて、姿を見せなかったが30分ぐらいすると戻ってきた。 しかし、活発に動くことはなくフィールドに来てから…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月06

暑くなるとの予想なので、早めに切り上げるべく、いつもより早くフィールドに着く。 既に7~8台の三脚が並んでいる。 いつもの場所に三脚を立てる準備をしている時にオスが姿を見せるが、何もなく飛び去ってしまう。 1時間ぐらい待たされると再びオスが姿を見せ、大きな魚をゲットして持ち帰る。 その後、30分ぐらい経過すると再び姿を見せて、水浴びをして何度か飛び込んでくれる。 そのうちメスも姿を見せ…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月05

曇り空で陽射しもなく風がちょと強めではあるが、いつもより早くフィールドへ向かう。 いつものフィールドには早い時間帯にも関わらず、既に10台以上の三脚が並んでいる。 いつもの三脚を立てるところは既に埋まっているので、主だったお馴染みさんには挨拶だけで、ターゲットをチョウゲンボウに変更した。 そこには珍しく旧知のSさんがいたが、距離があるのでゼスチャーで挨拶をする。 チョウゲンボウはいること…

続きを読む

翡翠に夢中  令和元年水無月03

曇り予想であるが、街行く人は傘を指す人指さない人が同じぐらいの割合である。 雨粒が時折り顔に当たる程度なので、雨対策をしていつもより早くフィールドへ向かう。 フィールドには既に3台の三脚が並んでいたが、このような天気なので意外に少なかった。 もっとも、時間が経つとそれなりに多くはなったが。 カワセミは2羽のヒナがフィールドにいて、親がフィールドに入って来ると餌をねだるが、親はすぐには給餌…

続きを読む